Order Curtains Funオーダーカーテンファン

オーダーカーテンのカットサンプル

オーダーカーテンを一般的に作る際、カットサンプルで見た布地を実際に窓に吊るすと、自分のイメージより色が薄いと感じるようです。

サンプルで選ぶときは、はっきりとした柄、濃い色彩のものを選んだほうが、イメージに近づきます。柄のデザインを選ぶとき、少し荒いなと思ったぐらいが、吊るすと意外に良いみたいです。

オーダーカーテンを作る際、複雑な模様の生地をカーテンにすると加法混色などにより、全く違うイメージになってしまうことがあります。例えば、レースカーテンは近くで見ると色が見えてきません。

オフホワイトなどの色はカットサンプルで見た時より、実際に窓に吊るすと濃く感じるようです。そういうことを計算した上で生地の柄やデザインを選ぶと良いでしょう。

オーダーカーテンとクッションを作る

もしオーダーカーテンを作る予定があれば、同じ生地を使ってクッションを作るというのもいいアイデアではないかと思われます。

オーダーカーテンとクッションを同時に作ると、お部屋の中がまとまった印象になる事もあるでしょう。他にも家具のデザインとの相性についても考慮する人もいるみたいです。

オーダーカーテンのみならずクッションも日常的に利用する物ですので、くつろぐ際などにあると便利ではないかと思われます。ソファーの上においておくのもいいでしょう。もちろんオーダーカーテンだけでも注文する事ができます。

お部屋の中のイメージをフレッシュにしたい時などには、オーダーカーテンを注文するのもいいでしょう。

オーダーカーテンの関連記事

豊富な種類のオーダーカーテンについての情報。

MENU

TOP カーテン オーダーカーテンの機能 大阪で人気のオーダーカーテンの専門店